フォトグラファーコース | 写真表現大学 & Eスクール
17344
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-17344,bridge-core-3.1.2,qi-blocks-1.2.5,qodef-gutenberg--no-touch,qodef-qi--no-touch,qi-addons-for-elementor-1.6.7,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-30.2,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,qode-portfolio-single-template-3,wpb-js-composer js-comp-ver-7.3,vc_responsive,elementor-default,elementor-kit-19
 

フォトグラファーコース

フォトグラファーコース
プロのフォトグラファー(写真家)になるために必要な全て(デジタルカメラの使い方・スタジオライティング撮影・イメージ写真の撮り方・写真編集・デザイン・営業用ポートフォリオの作り方など)を1年で学べるコース

プロのフォトグラファー(写真家)になるために必要な全て(美術写真史・デジタルカメラの使い方・スタジオライティング撮影・イメージ写真の撮り方・写真編集・プリント・デザイン・営業用ポートフォリオの作り方など)を1年でバランス良く集中的にリアル対面で基礎から学べるコースです。

プロのフォトグラファー(写真家)としてクオリティの高い仕事をこなすためには、
・現場で通用する様々な撮影技術
・被写体の魅力や質感などを引き出して伝える表現力
・最適なスタジオライティングや構図などを見きわめる高度で柔軟な判断力
・クライアントの要望やビジョン、ニーズを的確につかむ理解力
・幅広い専門知識
などが必要になります。

写真表現大学フォトグラファーコースのカリキュラムは、上記のような様々なスキルや力、知識を実践的に修得できる本格的な内容となっています。

期間 : 1年制
日程 : 日曜日(原則 月3回)
レベル : 初級・中級
対象 : 社会人・シニア・大学生
主な特徴

・一人一人の個性や考え、目的(仕事/表現/ライフワークなど)、方向性(コマーシャル/アート/ドキュメンタリー/ジャーナリズムなど)を大切にした柔軟なカリキュラムで授業が行われるため、たった1年で大きく目標に近づけます。

・毎回、最前線で活躍中の講師陣より個別講評を受けながら制作できるため、写真撮影の知識や技術だけでなく、フォトグラファー(写真家)としての考え方や表現力、プレゼン力、ディレクション力、プロデュース力まで修得できます。

国内外の写真コンクールなどへの出品も強力にサポートしています。

主な必修科目

・美術写真史
・映像表現史概論
・デジタルカメラ
・スタジオライティング
・実践課題(商品撮影・商品イメージ撮影・複写撮影・料理撮影・人物撮影など)
・Photoshop
・Illustrator
・プリント
・オリジナルプリント研究
・ポートフォリオ
・InDesign & ブックデザイン
・額装・展示表現
・写真講評
・修了制作展

こんな方におすすめ

・写真を仕事(独立専業 or 複業/副業)にしたい方
写真撮影もデザインもできるプロのフォトグラファー(写真家)志望の方
オリジナルでアーティスティックな広告写真を撮影できるようになりたいフォトグラファーの方
写真撮影や写真編集まで自分でこなせるようになりたいデザイナーの方
写真のクオリティを上げたいビデオグラファーや映像作家、映像クリエイターの方
・企業などの広報担当の方
国内外の写真コンクールなどに挑戦したい方

主な講師
大石 忠彦 Tadahiko OISHI
大石 忠彦

Tadahiko OISHI
コマーシャルフォトグラファー

電通の広告写真等を手がける「BIGSTONE」代表。関西における広告写真の第一人者で、多岐にわたる分野(ファッション・商品・モデル・料理・人物・企業広報・ブライダル・芸術作品複写・風景・建築・音楽・スポーツ等)で高い撮影技術や専門知識、表現力を持つ。フォトグラファーコースではデジタルカメラでの撮影を前提に指導を行っているが、フィルムカメラや8×10大判カメラ、暗室での現像とプリントの技術を伝承する希少な講座も複数担当。ゼミでは現役フォトグラファーのサポートも行っている。APA日本広告写真家協会正会員25年を経て現在特別会友。

浅野 豪 Takeshi ASANO
浅野 豪

Takeshi ASANO
フォトグラファー・デザイナー

フォトグラファーとデザイナーの2つの顔を持ち、京都を拠点に活躍。フォトグラファーとしては、美術作品や建築(建築写真家の東出清彦に師事)、舞台、イベント等の撮影を手がけ、デザイナーとしては、書籍・写真集・ロゴマーク・パッケージ・展覧会・広報物・ウェブサイト等多岐にわたるデザインを行っている。主な仕事に、世界で活躍するフォトアーティスト 澤田知子の写真集や、京都国立近代美術館(日本を代表する建築家 槇文彦が設計)の公式建築写真、隈研吾の超大型写真集『KUMA Kengo WOOD – Materiality of Architecture』等がある。成安造形大学非常勤講師。

岡本 卓也 Takuya OKAMOTO
岡本 卓也

Takuya OKAMOTO
フォトグラファー
株式会社プラスビー代表

APA(公益社団法人 日本広告写真家協会)正会員。1980年11月16日生まれ。長野県生まれ大阪府育ち。大阪芸術大学写真学科中退。趣味はキャンプ、サバゲー、温泉巡り(温泉ソムリエ)。幼い頃よりカメラマンの祖父の背中を見て育ち、高校生の頃にカメラマンの道に進むと決意。大学在学中にファッションカメラマンのアシスタントを経験し、それから人物(モデル)の表情を引き出す撮影が楽しくなる。2010年から大阪市内に自社スタジオを設立し、人物を中心とした雑誌、広告などの媒体を中心に 活動している。オランダアムステルダムゴッホ美術館で『花咲く梅の木』をモチーフにした豆千代モダンの着物撮影の作品が展示されている。

受講生の声

こちらのページをご覧ください。

募集情報

現在、2024年度 新規受講生を募集中です。
早期入学割引付きの資料請求・個別説明会は下記フォームよりお申込みください。

資料請求・個別説明会お申込みフォーム

下記フォームに必要事項をご入力の上、「送信ボタン」を押してください。

    お申込み内容 :
    資料請求個別説明会

    ご興味のあるコース・講座 :
    ビデオグラファーコース映像表現史オンライン講座デジタルサウンド講座フォトグラファーコース写真作家コース写真基礎コースフォトヘルスケア講座奥村昭夫デザイン塾

    関連講座