2024.2.6-2.11 よしざき しほ 写真展「里庭」同時代ギャラリー(京都)にて開催 | 写真表現大学 & Eスクール
18165
post-template-default,single,single-post,postid-18165,single-format-standard,bridge-core-3.1.2,qi-blocks-1.2.5,qodef-gutenberg--no-touch,qodef-qi--no-touch,qi-addons-for-elementor-1.6.7,qode-page-transition-enabled,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-theme-ver-30.2,qode-theme-bridge,disabled_footer_top,wpb-js-composer js-comp-ver-7.3,vc_responsive,elementor-default,elementor-kit-19
よしざき しほ 写真展「里庭」同時代ギャラリー(京都)

2024.2.6-2.11 よしざき しほ 写真展「里庭」同時代ギャラリー(京都)にて開催

庭でもなく、里山でもない。変容し続ける自宅の庭を「里庭」と捉え、その将来を案じながらも、長い時間をかけて撮影している写真作家 よしざき しほ(写真表現大学 個展向けの写真研究ゼミPlus所属)。

「里庭」をテーマにして約5年目となる今年、初個展(写真展)「里庭」が2024.2.6[火]- 2.11[日]の期間、同時代ギャラリー(京都)にて開催されます。

高度経済成長期、庭のある家を持つことがサラリーマンのステータスでした。父母も、小さいながらも庭のある家を持ちました。庭師が手入れしてきた庭。その庭を、母は働きながらこつこつと「里庭」に作り変えていきました。

歳月を経て、里庭も、そしてその作り手も変化していきます。どこの家にも、どこの庭にも、誰にでも起こり得る変化。

その変化を、そして将来を、直視できず途方に暮れる自分がいます。

今の、そしてこれからの社会のあり方について、大切なメッセージを伝えようとしている里庭。その変化を撮影し続けることができる貴重な存在よしざき しほ里庭から生まれた写真作家の作品をぜひ会場にてご覧ください。

★ 会場では、作品鑑賞・作者本人とのトーク・ポートフォリオの閲覧・作品やミニ写真集のご購入などが可能です。

★ 隣の会場では、下記の写真展も同時開催されます。ぜひ併せてご覧ください。

坂本 和志 写真展「善意の押し売り ー 気持ちの創造
https://medialib.org/202402060211-sakamoto-kazushi/

仲宗根 寛子 写真展「裏庭学のすすめ
https://medialib.org/202402060211-nakasone-hiroko/

よしざき しほ 写真展「里庭」同時代ギャラリー(京都)
よしざき しほ Shiho YOSHIZAKI

写真作家

福祉系団体職員として働きながら、写真作家としても活動。「庭づくりをする母」や「病院の窓」など身近なテーマで撮影を続けている。写真表現大学では2018年より本格的に写真を学び(写真研究ゼミ所属)、毎年作品を発表。それらの作品を、自ら編集・デザインした写真集というかたちでもまとめ、これまで『母の里庭』(2023)、『お母さんの里庭 − 庭を見る、母を知る』(2022)、『お母さんの里庭 − その深まり』(2021)、『お母さんの里庭』(2020)、『より添う窓』(2019)の5冊の写真集を自主制作。絶えず変化する「里庭」を見つめながら、日々テーマを深めている。

よしざき しほ 写真展「里庭」
会期 : 2024.2.6[火]- 2.11[日]12:00-19:00(最終日は17:00迄)
会場 : 同時代ギャラリー
住所 : 〒604-8082 京都府京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル 2F
アクセス : ○ 京都市営地下鉄 東西線「京都市役所前」駅 ZEST8番出口より南へ徒歩4分
○ 阪急京都線「京都河原町」駅 10番出口より一筋西を北へ徒歩8分
○ 京阪本線「三条」駅 6番出口より西へ徒歩6分
○ JR京都線「京都」駅よりタクシーで1,000円前後
入場料 : 無料
お問合せ : 同時代ギャラリー
075-256-6155